任せてください!債務整理

月刊誌のチラシ、スポーツ紙、電信柱に張り付けられた宣伝チラシや郵便広告などで、「多重債務の合理化します」「多重負債を一本化したいと思ったら」などといった広告を目にすることがありませんか。

それらは、「整理人」「買取専門人」「紹介屋」という通称の業者の嘘広告のときが存在します。

こういったものを依頼した場合は破産申立手続きの中で最も大切な免責認可をもらえないパターンもあります。

「整理屋」とは多重負債者を引きつけすさまじい代金を出させて整理を行うのですが、負債整理は行われず、さらなる債務地獄にはまる結末がほぼ全部と言えます。

「買取専門人」の場合依頼者のクレジットでデジタル用品、コンサートのチケットなどを大量に仕入れさせ借金者からそういった商品を購入額の30%ー40%で買い上げるというやり口のようです。

依頼者は一時は現金がもらえますがいずれクレジット会社経由の購入物の定価の催促が届くことになり、現実には債務額をアップさせることになります。

この場合だとクレジット会社に対して詐欺であるということで免責が受けられません。

「紹介人」では大手金融業者から借りられなくなった負債人に直接の融通は全くせずに、金貸しを受けられる他の業者を呼んで、高い費用を出させるグループです。

紹介業者は専門的な苦労で資金提供が受けられたかに解説しますが、本当のところは特に何もせず種は簡単でルールの通りやすい店を伝えているだけなのです。

このケースも債務を増大させる結果に終わります。
借金でしにたいと思っている人が読むサイト